このページでは、愚痴聞きについて、Q&A形式で気楽に説明していきます。

愚痴聞きって何するの?

予約時間中は、話したいことを自由に話していただきます。
お客様にしていただくのは、基本的にそれだけです。

  • 悩んでいること、迷っていること
  • 最近、気になっていること
  • 話したかったけど、人には話せなかったこと
  • 人から言われて辛かったこと

どんなことでも構いません。
途中から、どんどん話が変わっても大丈夫です。

あなたの今の気持ちや考え、分かってほしいことなどを、そのまま話してください。

愚痴を聞いてもらうと、どんな効果があるの?

✓抱えている悩みや問題、モヤモヤした気持ちなどをそのまま吐き出すことで、
 「スッキリ感」や「満足感」を味わうことができます。

✓お話を聞きながら状況を整理し、お客様の頭の中をクリアにしていきます。

✓ご自身の気持ちを掘り起こして言語化することで、
 これまで自覚していなかった感情に気づくことがあります。

✓頭の中が整理されると、
 「自分の考え方や価値観に偏りがあったのかもしれない」、
 「世の中の常識に縛られすぎていたかもしれない」、
 「自分から進んで辛いことを引き受けていたのかもしれない」など、
 新たな気づきが得られます。

✓新たな気づきを元に、悩みの対処法、今後の戦略を一緒に考えていきます。

例えば、
・心の中にモヤモヤが広がっている時
・疲れすぎて空っぽになったように感じている時
・考えすぎて頭がパンクしている時

そんな時、愚痴聞きは「悩みや感情の整理整頓」に一役買うかもしれません。

「悩みや感情の整理整頓」は、一人でやっていると苦しくなるかもしれません。
もし、あなたが行き詰っていたら、お声がけください。

友達や家族に相談すればいいんじゃないの?

そうですね・・・
「なんでわざわざ愚痴聞き屋に?」と思われる方、多いですよね。
身近な人に相談すればお金はかからないですし(笑)

ただ、「ひとやすみ」は、身近な人とは別の相談先として、
お客様に寄り添う存在でありたいと思っています。

身近な人に相談できないこと、話せないこと、誰もが一つや二つ持っていると思います。

「話したい」「吐き出したい」気持ちが積み重なってきたときに、
全てを吐き出せる場所として、活用いただければ幸いです。

なお、次回のご予約を無理に勧めることは絶対にありません。
一度だけのご利用で構いません。

お客様の気が向いた時に、必要だと感じたときに、申し込んでいただきたいです。

どんな話でもいいの?
話すのは得意ではないけど・・

スラスラと話す必要はありません。
沈黙しても、何の問題もありません。

その場で話したいことを、マイペースで話していただきたいです。

どんな内容、ジャンルでも構いません。
雑談から始めましょう。

なんとなく話し始めたつもりでも、
いつしか自然と話の焦点が絞られていくことがあります。

普段、私たちの頭の中では、色々な考えや意見が飛び交っていますよね。
スマホを見るたびに情報は増えて、どんどん複雑になっていく・・・

脳内で複数の人々が話し合っているような気分になることも、あるのではないでしょうか。
「脳内会話」といえば、イメージしやすいですかね・・・
(とある漫画で言うところの「脳内会議」ですね。)

脳内会話は、「闇鍋」のようなものだと、私は感じています。
悩めば悩むほど、色んな意見や視点が投入されて、どんどん味わい深く、
カオス味を増していく。

脳内会話には、
・自分の考え、他人の考え
・過去の体験
・一般常識、妄想 などなど
自分自身が記憶しているあらゆる要素がごちゃ混ぜになっており、
時として、一人では抱えきれない状態になることもあると思います。

「ひとやすみ」は、
・脳内会話を披露する場所
・ごちゃ混ぜの意見を並べてみる場所
・悩みや考えを言語化してみる場所
そんな風に捉えてもらえれば幸いです。